<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

長楽館

阪急河原町から歩くこと10分
東山八坂神社の裏手、円山公園の一角にある長楽館
長楽館内の喫茶レストラン。
a0058425_2201592.jpg

明治の煙草王」村井吉兵衛の別荘として明治42年に竣工したロココ様式の建築で、当時の家具を含めて市の指定有形文化財に指定されている。
a0058425_2203742.jpg
a0058425_2205940.jpg

                teaセットを頂く。  1,200円
a0058425_2211653.jpg

女性専用のホテルがあり是非今度は宿泊してみたい!!
[PR]
by mocomio | 2006-06-23 22:10

祇王寺

『平家物語』に登場する祇王が尼となり、母と妹とともに移り住んだと伝わる寺院。
a0058425_1528495.jpg

美しい青竹やカエデに覆われ、一面の苔に包まれた庭園と、わら葺の庵が趣深いたたずまい。
a0058425_15292839.jpg

ぶらぶら雨の中歩いて1時間ぐらいかな!!
帰りの時間を気にしながら私鉄に乗り四条河原町まで
a0058425_15321331.jpg

[PR]
by mocomio | 2006-06-22 15:33

落柿社(らくししゃ)

アイトワを後にして5分ぐらいすると古いカヤブキ屋根が見えてきます。
芭蕉の門人で元禄の俳人向井去来の住んでいた建物である。
芭蕉の最も信頼した高弟であったと資料には書いてあります。
a0058425_9311637.jpg

<落柿社の名の由来>
その当時庭に柿の木40本あり、その柿の美が一夜のうちに殆どおちつくしたこと言われています。

家の中の様子は
a0058425_938145.jpg


柿主や梢はちかきあらし山    (去来)
五月雨や色紙へぎたる壁の跡  (芭蕉)
   ・
   ・
そして
落柿社に遠い昔思いけり     (私)・・・・・(笑

米どころの東北の片田舎に育った私の幼少の頃周りは殆どが専用農家であった。
遊んだ友の家は殆どがカヤブキ屋根で土間の生活であった。
土間の横には牛や馬がおり農作業では欠かせない活力であった。
そんなことを思いながら・・・・・・年がばれちゃう・・・・(笑
[PR]
by mocomio | 2006-06-21 09:57 | 自然

人形作家 森小夜子さんを訪ねて

朝 新横浜6時46分の新幹線に乗り嵐山に着いたのは9時30分頃!
友人と京都駅で待ち合わせ2人で森先生のお宅へ伺う。
a0058425_1584933.jpg

迷いながら歩くのも嵐山は色々な発見があってそれも楽しい!
a0058425_15143114.jpg

15分で到着予定なのに45分もかかってしまった!!
a0058425_15155448.jpg

アイトワ のシンボルマークが見えてきて、一安心!!
お庭を開放してあり誰でもお茶や軽食が出来ます。
a0058425_15162156.jpg

a0058425_15165070.jpg

お庭にはお人形がお出迎え・・・。
a0058425_15182935.jpg

1階はお教室、2階は展示室で常時見る事が出来ます
a0058425_15205411.jpg

日本人形も素晴らしい!!
人形用に着物地を特注しているそうです。
a0058425_15435455.jpg

先生はこの庭にある畑で採れる野菜中心にした手料理を食べ、日のあるうちは庭仕事や人形教室。(全国各地から遠くは青森からいらっしゃるそうです)
夜はゆっくり人形と向き合ってくらしているそうです。
[PR]
by mocomio | 2006-06-18 15:55 | 自然