金平糖

京都で創業150年、金平糖のお店、緑寿庵清水(りょくじゅあんしみず)
a0058425_15134395.jpg


 金平糖から出ているあの角(つの)は、型抜きかと思っていましたが、
直径が2メートルくらいある大きな釜に餅米を砕いた粉を核にして、それにグラニュー糖を溶かしたものを掛け、根気よく釜を回転させ砂糖を結晶させていきます。
 金平糖が出来るまでに、最低でも2~3週間近くも蜜をかけ、釜を回転させ続け釜に付着した砂糖が引っ張られて、徐々にあのような星形になっていくそうです

手間ひまかけ昔ながらの手法ですので一袋500円は安いものです。
大量生産が出来ないので、人気商品の季節限定は一年も前からの予約が必要です。

 今回注文したのはイチゴ・レモン・メロン・みかん・サイダー・バニラ・りんご・モモ・巨砲・パイン

 日持ちするので不意のお客様のお茶菓子にはかかせません。
その前には食べちゃってないですけどね・・・・・。
[PR]
by mocomio | 2007-01-07 15:05 | その他
<< デジカメ持って・・・ お庭でゴキゲンなモコ >>